「サーカスの女の子」




 あら、学生さん、こんにちは。


 日本語?わかるわよ。
 お国?ロシア出身よ。

 おキレイですね?

 やだねー、お世辞は。
 ワタシは昔サーカスにいたんだよ。

 サーカスで軽業してた。


 そうそう、綱渡りとか曲芸乗りとかね。

 若い頃のワタシはそりゃあキレイだった。
 軍の将校さん達もみんなワタシ目当てにやっ
 てきた。

 「カスピ海の真珠」って言われてたよ。


 え?

 何?

 それはキャビアだって?


 ライオンに噛まれたのよ。がぶっと右手を。

 それをきっかけにサーカスをやめたの。

 それで日本人のダンナと結婚したの。

 カニをとる漁師だったのよ。
 
 無口だけど優しいいい人だったわ。
 飼ってるカナリアが死んだら一週間ずっと泣
 いてた。

 自分で間違って踏んづけたクセに。

 優しい男は甲斐性がない?
 僕のおじいちゃんもそうでした?  

 まあね....................................。

 でもワタシは優しい男が好き。

 学生さん、あんた死んだダンナと同じ目をし
 ているね。

 黒くて小さいけど、キャビアみたいにキラキ
 ラしているわ。

 あんた、要領悪いだろ。


 で、何の用?
 
 新聞?とらないわよ。

 だってワタシ日本語わからないもの。




























Ai sone (c)Copyright 2002 all right reserved.
このサイト上のイラスト・写真・テキストの無断転載を禁じます。














































































SEO [PR] 母の日 カード比較 再就職支援 バレンタイン 冷え対策 誕生日プレゼント無料レンタルサーバー ライブチャット SEO